越境EC・海外発送(航空便や海上輸送)、支払い方法や商習慣について

積み上げられたコンテナ

越境ECは、国境をまたいだ商取引ですが、ECの名の通り、インターネットを経由して取引されるeコマースの一種です。海外発送するため、航空便や海上輸送など、国内ECとは勝手の違う部分が多くありますが、幅広いジャンルの国内EC業者が、越境ECに参入して成果を上げています。

越境ECとは

スニーカー棚

越境ECとは、国境を越えたイーコマースのことです。インターネット上のショッピングサイトなどを利用して商品を販売、海外の買い手に商品を発送します。海外向けに商品を販売するため、言語やお金のやり取り、発送の方法など、日本国内でECを行う場合とは異なる点も多くありますが、世界という巨大な商圏を相手に商売ができることもあり、参入する国内EC業者が増えています。

また、海外ECショッピングモールなどが増加し、参入障壁が下がったことも、越境ECの盛り上がりに貢献していると考えられます。

越境ECのシステム

海外の雑貨ショップ

越境ECだからといって、国内のECと基本的な取引の流れに違いはありません。インターネット上で商品を販売し、注文を受けたら、入金を確認した後に発送する。それだけです。しかし、国際間の取引ならではの費用や特徴もあります。

関税

関税は輸入した商品にかかる税金で、その税率は、同じ商品であっても、国により違いがあります。また、国際間の取り決めや通商条約などにより、税率が異なる場合もあります。また、この関税は免除されることもありますが、その裁量は税関にありますので「いつも関税率が違う」などと文句を言いたくなることもあります。

海外発送

海外発送の場合は、国内発送の荷物とは異なり、内容物や、その内容物の価値を表示するためのインボイスを付ける必要があります。(発送の方法により、必ずしも付けなくても良い場合はあります)

海外発送については、越境EC参入当初の業者さんのほとんどが悩まされるところですが、海外発送に特化した業者と契約することで、発送に関する悩みは大幅に緩和することが可能です。

航空便
ECサイトでの販売ではもっとも一般的な発送の方法です。国にもよりますが、数日から1週間程度で商品を届けることができます。SGHグローバル・ジャパンを利用すると、海外の買い手にもドアtoドアで商品を届けることが可能です。
海上輸送
ECサイトでの販売ではあまり使うことのないオプションかもしれませんが、大きな商品を送る場合は考慮する価値のある発送方法です。到着までに日数はかかりますが、航空便よりも安い値段で送ることができます。書類の準備等が必要になるので、倉庫業務から輸送まで一貫して行っているSGHグローバル・ジャパンのような業者に依頼するのが一般的です。

規制されている品目に注意

また、越境ECの場合、特に注意しなければならないのは、販売が規制されている商品です。この国では合法でも、あの国では違法という商品が存在しますので、そのような商品を販売、発送しないよう注意しましょう。特に化粧品等は販売許可等が必要になるケースが多いので気をつけましょう。

入金方法

国際間の取引では、「日本円の振り込みでお願いします」と買い手にお願いしても、ほぼ100パーセントの人が「できない相談です」と答えるでしょう。越境ECでは、さまざまな支払い方法がありますが、もっとも幅広く利用されているのはPayPalでしょう。

PayPal(ペイパル)
PayPalはeメールとインターネットを使うことで、送金やお金を受け取ることができるアメリカ発のサービスです。オークションサイトとして知られるeBayとの関係が深いことから、インターネットの支払いメソッドとしては、世界でもっとも普及しているサービスと言えるでしょう。
日本においては、クレジットカードと口座を連携することで、インターネット上での支払いのやりとりが可能になります。クレジットカードや銀行口座を取引相手に知られる心配が無いことがメリットです。日本ではサイトにPayPalの表示がある場合、PayPalのアカウントを持っていなくても、主要なクレジットカードであれば、その場でアカウントをつくることにより支払いが可能です。日本ではそれほど広く普及していませんが、越境ECを始めるのであれば必須のサービスです。

ECモール出店で手軽に越境ECを始める

海外発送

越境ECを始めるにはいくつかの方法がありますが、もっとも手軽に始める方法は、ターゲットの国や地域のECモールに出店することでしょう。

中国

越境ECにおいて中国をターゲットにしない手は無い。国内のECも盛んで、輸出を中心とした越境ECも賑わいを見せているのが中国です。なんといっても中国の魅力は約14億人という人口です。ひとつの国だけで、これだけの人間がターゲットになるのですから参入しない手はありません。越境ECで中国の市場に参入するなら「タオバオワン」や「Tmall」、B2Bなら「アリババ」がおすすめです。

アメリカ

アメリカは越境ECの歴史が長い国。インターネットの歴史=アメリカの越境ECの歴史…ここまで言うと大げさですが、アメリカでは越境ECという言葉が定着する前から国際的なECが行われていました。その中心的存在となるのがオークションサイトのeBayです。

eBayは純粋なモールではありませんが、イギリスやオーストラリア等、世界に進出しているため、アメリカのサイトに出品しながらも、追加料金を支払うことで世界的に商品を露出することができるというメリットがあります。eBayの利用者は世界中に存在するため、驚きの場所から注文が入るかもしれません。

アメリカならもうひとつ、amazonも忘れてはいけません。日本でも強さを誇るamazonですが、地元アメリカでも強力です。amazonが発送を担当してくれる「FBA(Fulfilled by amazon)」のサービスは、代行業者を使うことで海外業者も利用することができます。商品をアメリカのamazon倉庫に預ける形になりますが、買い手にアメリカ国内から発送する形になるので、海外から販売するよりも安心感をユーザーに与えることができます。

アジアや東南アジア各国のECモール

アジアや東南アジアの国々には、それぞれの国に強いECモールが存在しています。特定の国にフォーカスするのであれば、こうしたモールに出店してみるといいでしょう。ただ、現地の言語の読み書きができないと不利なので、バイリンガルのサポートスタッフを雇うなどの対策は必要かもしれません。

越境ECに英語は必要か?

英語の辞書

越境ECを始めるに当たり、何が必要かを考えると、当然、外国の言語を読み書きできる能力が必要なのではないかと考えがちです。これに関しては「イエス」とも「ノー」とも言えます。

越境ECにおいてメインで使用される言語は英語です。サイトの規約などは理解が難しいこともあるかもしれませんが、現在は精度の比較的高い翻訳サイトもありますし、それほど困ることはないでしょう。出品、商品説明、買い手とのやりとりにおいても、難しい英語を使うことはありません。ただ、そのサイトでよく使用される「決まり文句」的な単語はありますので、そういった単語はなるべく早く覚えるようにしましょう。

ECモール上での英語は、特に商品説明に関しては文章でなくても構いません。スペックをわかりやすく説明するよう心がけましょう。英語力が少し要求されるのは買い手とのやりとりですが、最初にひな形をつくってしまえば、あとはそれぞれの買い手に合わせて内容を調整するだけで対処することができます。

越境ECの入り口としてモールを利用

発送準備

インターネットを通じて海外に商品を販売する越境EC。もっとも参入障壁が低いのはECモールを利用することです。商材の特性を十分に考慮して、ターゲットとなる国を絞り込んでから出店するといいでしょう。